長持ちさせる|オンテックスで外壁塗装をしませんか

もっと安くできる方法がある

マイホームを持つと外壁や屋根の塗装など出費が重なるためお財布が大変です。一つの会社だけではなく、複数から見積もりを取ることで料金や施工内容に納得したうえで施工を依頼することができるでしょう。

外壁塗装の適正額とは?

適正額より下回る施工費用は、返って失敗を招くか耐久性がなくすぐに劣化します。外壁塗装にかかる本当の費用は70万円から100万円ぐらいで、塗料と質の良い工事をする場合には100万円以上はかかってくるでしょう。高いお金がかかりますが、施行後にお手入れしながら使用するとかなり長持ちさせることができます。

最も選ばれている業者の特徴ランキング

no.1

とにかく安い

中間マージンを一切省いた業者はかなり人気があり塗料を一括で仕入れる等お客さんの負担を軽減することを中心に考えています。業者の中にはローンを設けるところもあり、一括支払いができない時に助かります。

no.2

信頼性がある

オンテックスのような大手業者になると施工実績は万を超えるでしょう。技術も素晴らしく下請け会社も大手なので信頼と安心さから2位にランクインしました。

no.3

アフターフォローが万全

顧客満足度100%を目指す外壁塗装専門業者は、塗装技術を職人に身に付けさせるため研修を設けています。このような業者は口コミの評価が高く、アフターフォローもしっかりしています。

no.4

品質は必ず見る

外壁塗装の業者は日本に数多くあるため、探す時に手間がかかりますが品質の面では妥協したくありません。そんな思いから、皆最初は施工事例を見て品質の高さを見たり第三者の機関から認められているかどうかチェックします。

no.5

見積りの内容が分かりやすい

どんなにいい業者でも、見積もりの内容があやふやだったりがっちりと固まっていなかったりすると信頼性が欠けてしまいます。やはり業者を選定する上で見積もり内容の分かりやすさと確実性が重要になるでしょう。

長持ちさせる

作業員

塗布の回数を増やしてみる

湿気や雨が多い地域はどうしても塗料が劣化しやすくなります。一般的に塗布の回数は2.3回ですが多くても3回は塗料を塗る必要があるでしょう。すると標準耐久より長く持たせることができます。

定期的な掃除も忘れない

ずっと外気に触れた状態なので、一日二日で汚れがいっぱいです。水溶性の塗料を使うとサッとふき取るだけで汚れが落ちますから定期的に掃除をするならとても向いています。

外壁の状態を細かくチェックする

メンテナンスフリーの塗料もありますが、気候によって左右される部分もあります。そのため、より長く持たせるためにもひび割れや塗装の剥がれ、カビ、コケ等のチェックを欠かさず行ない、補修をするなり対策をしましょう。

業者によるメンテナンス

長年放置された外壁は塗膜が劣化しているので、その上から施工すると塗膜自体の寿命が縮まってしまいます。塗膜の質を落とさないためにもメンテナンスを定期的に行なうことを意識しましょう。

広告募集中